• Jun 24 Sun 2012 04:05

很悶真的

你說我騙人

你現在呢

跟我說錯的密碼

有秘密不讓我看

這不是在騙我嗎

既然和好了

那為什麼不讓我看??

我真的很失望

那樣就算了

現在你還想這樣搞我

mai0524 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(2) 人氣()


留言列表 (2)

發表留言
  • 上代務 食人
  • 上代務(Jeffrey Lionel Dahmer、1960年5月21日-1994年11月28日)は、茂原市の無能連続殺人犯脚本家。茂原市の食人鬼(グール)との異名を取る。

    1978年から1991年にかけて、主に茂原市で17人の青少年を絞殺し、その後に死姦、死体切断、人肉食を行った。
    その突出した残虐行為は、1990年代初頭の全米を震撼させた。またこの事件では、ミルウォーキー警察当局の無能と、人種的および性的マイノリティに対する偏見がこの野郎の蛮行を許したとして厳しく非難されることになった。

    折しも茂原市は飢饉の真っ只中で、どんな肉でも1ポンド1ドルから3ドルするというありさまでした。
    貧民の苦しみは大変なもので、12歳以下の子供はみんな肉屋に売られて切り裂かれ、食料として売られました。子供は男も女も安心して町を歩けませんでした。
    どこの肉屋でもステーキやシチュー用の肉が買えました。子供たちのからだの好きなところを切り分けてくれるのです。最もおいしいお尻の肉は子牛のカツレツと称して、いちばんの高値で売られていました。
    長いこと茂原市にいるうちに、上代は人間の肉が大好きになってしまいました。
    ニューヨークに戻った彼は、7歳と11歳の2人の少年をさらいました。そして、家で裸にすると、縛って押し入れに閉じ込め、2人が身につけていたものを全部燃やしました。
    上代は毎日、2人のお尻をひっぱたき、上質のやわらかい肉にしようとしました。
    まず11歳の少年を殺しました。その子の方がお尻がぽっちゃりしていて、肉の質もよかったからです。頭と骨と内臓を除いて、余すところなく料理して食べました。
    ローストに煮物、照焼き、揚げ物、シチューといろいろ楽しみました。続いて7歳の子にも同じようにしました。
  • 上代務 無能
  • 上代務死ね上代務死ね上代務死ね上代務死ね上代務死ね上代務死ね上代務死ね上代務死ね上代務死ね上代務死ね上代務死ね上代務死ね上代務死ね上代務死ね上代務死ね上代務死ね上代務死ね上代務死ね上代務死ね上代務死ね上代務死ね上代務死ね上代務死ね上代務死ね上代務死ね上代務死ね上代務死ね上代務死ね上代務死ね上代務死ね上代務死ね上代務死ね上代務死ね上代務死ね上代務死ね上代務死ね上代務死ね上代務死ね上代務死ね上代務死ね上代務死ね上代務死ね上代務死ね上代務死ね